家族主義++の最近のブログ記事

シャワーバス水栓交換で自信がついたのか、
今度は浴室換気扇交換作業をDIYにて行いました。
実は、水栓よりも轟音を発する浴室換気扇の方が
我が家にとっては切実な問題だったのですよ。

とはいえ、梯子で天井裏に頭を突っ込みながらの作業は、
私にとっては少々敷居が高いのではないかと、
約2か月もの間二の足を踏んでいたのです。

ちなみに、メーカーでは公式に交換工事を行っていますが、
本体自体は5,250円という良心的な価格ながらも、
その交換作業費は、な・なんと驚愕の13,650円...(苦笑)
一応、地元のエアコン取付業者にもオファーしてみましたが、
それでも交換作業費は6,000円とのことでしたので、
DIYにて対処してみることに決定です!w

IMG_3526.jpg

換気扇本体(TK-180NS)は得意のポチリにて入手!
本体4,600円+送料600円の計5,200円でした。

そして、風呂&洗面所のブレーカーを落とし、
既存の換気扇(RGAZ002A)の取り外し作業に入ります。

IMG_3536.jpg

まず、天井裏に頭を突っ込み、換気扇本体とダクトを
繋いでいるアルミテープを剥がし分離させます。

IMG_3532.jpg

そして、風呂天井側で本体を固定させているネジ4本を外し、
この後、電源コードも分離し(切り離し)ます。

IMG_3534.jpg

これが新しい浴室換気扇本体。
既存機種の後継機のため見た目の違いはほぼなし。

ダクトをはめ込みアルミテープを巻いて固定。
順調順調と思いきや、ここで大きな落とし穴がっ!

IMG_3540.jpg

なんとダクト蛇腹部を持ってちょっと手前に引っ張った際、
なんと両手の親指がズボっと...(滝汗)
はい...、穴が開いてしまいました...(号泣)

IMG_3546.jpg

せっかく念入りに巻いたアルミテープを剥がし、
ダクト内側からアルミテープを敷き詰め穴を塞ぎ、
また、外側からも念入りに修繕します。
天井裏に頭を突っ込んで両手を上げたきつい体勢だったので、
この想定外作業は非常に辛かったです...。
何とか事なきを得、再度ダクトをはめ込みアルミテープで固定。

IMG_3557.jpg

その後、電源コードとアース線を繋いで、いざ試運転へ!

IMG_3563.jpg

ウィーーーンと回ったー!

IMG_3565.jpg

最後にカバーを被せて終了!

IMG_3566.jpg

しかし、換気扇の白さが目立ち過ぎる!(他部の黄ばみが気になる)
ちなみに、換気扇手前の蓋らしきものは天井裏に通ずる扉(?)です。

ここ一年程、浴室シャワー(12年物)からのポタポタが絶えず、
また、水温の設定も何となくおかしくなりはじめていたので、
ストレーナー部材を手に入れて対処しようと思っていたのですが、
その部材もそこそこ高価(2つで0.6諭吉程)ということで、
いっそ水栓を丸ごと交換してしまおうかと模索し始めたのが1ヶ月程前。

それから「自分で交換(DIY)できないものか?」と目論んだりして、
何となくいけるんじゃないかと思ったところでポチッと!w
水栓交換なんて経験は一切なく、かなりの不安を抱えておりましたが、
本体を購入したからには「やるっきゃない」と!www

IMG_2440.jpg

これが以前の(新築当時から使っていた)シャワーバス水栓(KVK KF133)。

さすがに12年前の代物なので販売終了品となっていました。
当初は、KVKの後継製品を購入すべきかと思っていたのですが、
このようなデッキタイプの水栓は結構値が張ってしまいます。

IMG_6788.jpg

ということで、他メーカーも含めいろいろ探し回ってみたところ、
INAXの「BF-B646T(300)-A100」が取り付けられるのではないか
という結論に達した次第です。
こちら定価5.4諭吉となってますが、実際の購入金額は1.87諭吉でした。

さあ、いざ交換作業開始!
とその前に、庭に出て「量水器」のバルブを閉め、
家全体の水を止めます。

そして、まずは以前の水栓を取り外す作業に取り掛かります。
バスカウンター下部のスカートを開け、
給湯管に繋がった袋ナットと本体とカウンターを
挟み込んでいた締付ナットをスパナで外します。
これで本体自体がスルっと上に抜けてくれるはずでしたが、
12年間押さえつけられていた影響か一筋縄ではいかず...(汗)

IMG_5287.jpg

それでも、左右前後に軽く振りながら上げたら抜けてくれました。

IMG_3390.jpg

以前の水栓を取り外したカウンターの画。
取り付けられていた部分だけ色が綺麗だし...(苦笑)
12年間でこれだけ変色して(黄ばんで)しまったということですね。

IMG_2110.jpg

カウンター穴の大きさも完璧でナット類を閉め装着完了!
あまりにも順調に行ってしまい拍子抜けって感じでした...w

IMG_8259.jpg

ということで完成の画!
大成功!(((o(*゚▽゚*)o)))

去る9/29(土)、次女カシュコの小学校の運動会が催されました。
うちの小学校は毎年5月(春)開催となっておりますが、
今年に限っては耐震工事等の関係で、9月(秋)開催となりました。

IMGP4877.jpg
単クラスは5・6年だけということで、年々混雑してまいります。
長女カシュミが小1の頃(6年前)は150名だった児童数は、
もう倍の300名近くになっていることでしょう。
そして、今年からパラソルやタープよりもサンシェードが
目立つようになってまいりました。
昨年度から観客席前方4mまでの張り物禁止となった影響で、
前方にはシートのみ・後方にはサンシェードという組み合わせが
増えたのではないかと推測いたします。
ちなみに、うちは相変わらずパラソル&テーブル&チェアでした...(照)

IMGP4896.jpg
今年の徒競走は1位!

IMGP4926.jpg
リレーも1位!

しかし、先週は寒いくらいに感じる日もあったのにも関わらず、
この日だけ夏に逆戻りって感じの猛烈な暑さとなりました...(苦笑)
まあ、雨に振られるより数段マシではありますが...。
そして、時折太陽に雲が掛かれば秋特有の爽やかな風が吹いて、
その時は大変心地良かったりもしました。

やっぱり、昔の人間にとって運動会は秋開催がいいな!
(でも来年は春開催に戻るはず)

今夏は奇跡的(半ば強制的...w)に9連休の夏季休暇を取得することができ、
そのうちの3日間を使って、山梨&静岡へ家族旅行に行ってまいりました。
遅ればせながら、8/20(月)~22(水)に催したその家族旅行の模様を
画像を中心に振り返ってみたいと思います。

行きは5:00に自宅を出発。
安行から首都高に乗り中央環状山手トンネル経由で中央道を目指します。
しかし、中央道に乗るのなんて超久々の気がする。
ちょっと調べてみたら八王子まで野球観戦に出掛けた2008年9月以来。
そして、八王子より先まで足を延ばしたのは、
なんと2005年11月の宮ケ瀬湖お茶会以来となります...(笑)

IMG_2591.jpg
中央道を走っていると顔を覗かせてくれる富士山!天気バッチリ!
そして、河口湖I.Cを7:00通過します。

IMG_2594.jpg
1回も休憩を取ることなくスバルラインに乗り、
目指すは富士吉田口の5合目!
しかし、平日とはいえどもやはり夏真っ盛りということで、
その途中(五合目駐車場の2kmほど手前)で規制があり、
そこに車を置いて五合目までも歩いて行かねばならぬ状況に...。

IMG_2595.jpg
7:50五合目駐車場までの道中。既に雲が下!

IMG_2608.jpg
30分程歩いてやっとこさ五合目へ到着!


IMGP4737.jpg
五合目から山頂を望む!

IMGP4767.jpg
五合目から六合目までハイキング(片道40分ほど)。
六合目からは山中湖がこんなふうに望むことができました。

IMG_5775.jpg
下界に下りたらもうお昼時。
ということで、B級グルメの「吉田うどん」を食します!
この固麺はホント癖になる歯応えでした。

IMG_2615.jpg
そして河口湖と精進湖を適当にブラブラし、
本日1泊目の宿泊施設(西湖畔のログハウス)へと向かいます。
夏のテント泊はツライと思いAC付のこのログを予約したわけですが、
夜はとっても涼しくACは全く必要なかったという...(苦笑)

IMG_2620.jpg
夕方から夜に掛けてはカシュコと共に西湖散策。
日が暮れてからはとっても神秘的な雰囲気となりました。

IMG_2624.jpg
朝も西湖散策。とっても爽やか!

IMG_2625.jpg
2日目は9:00にチェックアウトし、まず向かったのが朝霧高原!
ソフトクリームを舐めながら富士山を望む。

mt.fuji120822.jpg
次に向かったのが田貫湖。
評価の高い富士山ビュースポットだけあって素晴らしい眺めでした。

IMG_2632.jpg
そしてクルマを南下させて来たのはココ!
何だかB級グルメ満喫の旅みたい...w

IMG_2634.jpg
そう、言わずと知れた「富士宮焼きそば」です。
見た感じはただの焼きそばなんですが喰ってみたらびっくり!
麺の固さというかコシというか歯応えがもう堪らない!
今でもこの時の感動がよみがえってまいります...w

IMGP4799.jpg
富士宮では、焼きそばを食すのはもちろんのこと、
きちんと「富士山本宮浅間大社」にてお参りも!

IMG_2637.jpg
そして、富士山を望むのであれば2005年5月にも訪れた
「薩った峠」に行くのはマストだと考えていたのですが、
徐々に天気が崩れだし綺麗な富士山を望むのは困難と判断し、
由比では桜海老だけ食して次の行程へと進むことに。

IMG_2665.jpg
この後、14:00~16:00まで富士市在住の伯父・伯母宅へ寄り道し、
自家栽培の野菜をタンマリもらって2泊目の伊豆長岡温泉へと向かいます。
ちなみにこの画像は自宅に帰ってからつくった野菜料理の数々。

IMG_2643.jpg
そして1時間ほどで2泊目の宿泊施設にチェックイン。
窓からはかろうじて富士山の先っぽが望めました!

IMG_2653.jpg
宿泊施設では小学生以下向けのイベント(縁日)が開催されていて、
カシュコは射的に挑戦し見事景品をGET!

IMG_2658.jpg
お風呂は露天付貸切風呂を夜&朝の2回堪能しました。
この画像は朝に入った方の貸切風呂。

IMG_2661.jpg
明けて3日目。9:00頃に宿泊施設チェックアウトし、
向かった先は妻のリクエストによりココ...(苦笑)

こんな感じで、河口湖~御殿場までの富士山麓を
反時計回りに3/4周した旅は終了!
お天気にも恵まれ、日本の象徴である富士山を間近に感じながらの旅は、
こども等の心にも深く刻まれた模様です。

先々週、自宅1Fのトイレタンクから微量の水漏れを発見!
タンクの直下という発見し難い場所でもあり、
ちょこちょこではありつつも数ヶ月間流れ出ていたようなので、
そこそこ床が湿った状態での発見となってしまいました...。

トイレの水漏れということで素人では手が出しづらく、
「暮らし安心系」に電話してしまおうかとも思いましたが、
その漏れはトイレを流した際に一滴ずつ流れ出る感じだったので、
下にタオルを敷き状況を見つつ、ネットで情報を得ることにしました。

まず検索ワードに入れたのは「トイレ タンク 水漏れ」。
しかし、範囲が広すぎてかタイムリーな情報に辿り着くことができず...。
次にタンクの品番「TOTO SZ727」を加えて検索。
すると『密着パッキンの不具合』という情報に辿り着きました。
ただ、密着パッキンの交換はあの重~いタンクを全て取り外さなくては
ならないようなので、私如きにできるわけがないと腰砕けに...(苦笑)

ただ、ここまでに行き着いた様々な情報を見てみると、
うちのトイレと同じような箇所から水漏れをしている方の記事を発見!
そして、その箇所の部品が「ワンタッチナット」という名称の
便器とタンクを結合するプラ素材パーツだということがわかりました!

IMG_2710.jpg
こいつがその「ワンタッチナット」というパーツ。

そして、ワードを「ワンタッチナット SZ727 水漏れ」で再度検索してみると、
正にうちと全く同様のこちらのブログ記事に巡り逢うことができました!(喜)
さらに、この方は『実は問題個所は予想していた密着パッキンではなく
違うところにあった!』とおっしゃってまして、
それは、タンク蓋の裏に装着されている「整流スポンジ」というパーツとのこと。
漏れ系は得てして下の方の不具合だと思っていたのにまさか上の方とは...(笑)

IMG_2715.jpg
早速うちのタンクの蓋を裏返し「整流スポンジ」を確認してみたところ、
この方と同じようにかなりのテロンテロン状態になっており、
しかも、その右側部分のみ接着面が剥がれ掛けていました。

そういえば、水漏れするのは右側のワンタッチナットのみからであり、
この剥がれ掛けた隙間部分から水がタンク内側の右側に回ってしまい、
結果、右側のワンタッチナットのみから水漏れてしているのだと確信!
そして、とりあえずこのテロンテロンの整流スポンジを何とか整形し直し、
そっとタンク蓋を戻して暫く様子を見てみることにしました。

それから3日。右側ワンタッチナットからの水漏れは皆無!(キター)
やはり「整流スポンジ」が原因だったのでしょう!(確信)
しかし、この騙し騙し状態のままでは再度漏れ出すのは時間の問題ですので、
この部品(441円)を新規で手に入れることにしました。

部品の取り寄せはTOTOのWebショップからもできるようですが、
送料(525円)が掛かってしまうのが難点。
ということで、近所にあるTOTOの取次店「水彩工房」に連絡を取り、
1個でも注文できるとのことだったので迷わず発注した次第です。

ところが、この「整流スポンジ(HH11028R)」は既に廃盤になっており、
代替品として「整流ジャバラ(HH11028S)」という部品があるとのこと。
その取次店から送っていただいた説明書(PDFファイル)を見てみると、
対策品としてこちらの部品に変更になったようですね。
(スポンジ素材じゃ駄目ということだったのでしょう...苦笑)
参考にさせていただいた方も『何故このような常時濡れる場所にスポンジの
ような劣化しやすい素材を使っているのだろうか?・・・理解に苦しむ。』
とおっしゃっていたのですが、正に私も激しく同意という気持ちだったので、
今回グッドタイミングでこの対策品を手に入れることができ本当によかったです!

IMG_2708.jpg
2日後の本日、妻に取りに行ってもらう形で「整流ジャバラ(HH11028S)」を入手!

IMG_2717.jpg
そして、帰宅後に早速取り付けてみた!
この「整流ジャバラ」は「整流スポンジ」のように蓋の裏に
装着するのではなく、内カバーに両面テープにて貼り付ける仕様。

IMG_2723.jpg
内タンクカバーを元に戻し(最後にタンクの蓋を被せて)修理完了です!

装着後まだ3時間程ということで効果の程はわかりませんが(当たり前...w)、
120%原因はココだと確信していますし、もうスポンジ素材じゃないのですから、
効果てき面なはずだと思っております!(断言)

IMG_2720.jpg
しかし、取り外した「整流スポンジ」はマジでグロい...(苦笑)
もはやこれが元々スポンジ素材だったなんて信じられません!
このテロンテロンのプルルン状態の一番近い表現は、
う~ん「ババロア」かなぁ...www

今回、検索して見回った様々な情報を見てみると、
この水漏れ修理をもし水道修理屋さんにお願いしていたとしたら、
1諭吉程の出費は否めなかったでしょう。
それが「441円」で済んでしまったのですからネット情報恐るべし!w
近い将来、これと同じ不具合に悩まされる方のお役に立てればと思い、
今回私も記事としてアップさせていただいた次第です。

5月にPC、6月に掃除機&洗濯機が立て続けに壊れたわけですが、
やはり連鎖が発生し、7月に入り今度は電話が壊れました…(苦笑)

受話器のコード根元部分の接触が悪いのか、
こちらの声が相手に聴こえなくなってしまうことがしばしば…。
自宅電話回線など殆ど使っていないのが現状な訳ですが、
その偶々って時に限って重要な連絡だったりもして…(汗)

ということで、電話機の買い換えを決意!
今の機種を調べてみると2004年製で、当然FAX一体式なわけですが、
「このご時世、FAXなんて必要なのか?」という疑問が生じ、
電話機(親機+子機)のみの購入をまずは考えた次第です。
とはいえ、既存プリンタの調子も悪いことから、
「プリンタ+FAX+電話っていう落とし込みもアリなのか?」
という考えも湧き出してたりして…。

まあ、今暫く考えてみて近々結論を出したいと思っております。

次女の学習机の購入を機に(って一年遅れだけど…汗)、
このGWに自宅二階の片付け&レイアウト変更を敢行!
実は、昨年末の大掃除では一階と外回りのみ行っただけで、
二階部分は全く持って手を付けていなかったのですよ…。

大まかなレイアウト変更に関しては、火事場の馬鹿力が高じて、
初日(5/3)のみで終えることができたのですが、
やはり、要る物・要らない物の整理や細々とした部分の掃除等で、
結局、5/4~6も常に何らかしら作業をしてましたねえ~(苦笑)

ということで、今年はリアルに何処へも出掛けないGWとなりました。
まあ、総体的に天気に恵まれないGWって感じでしたし、
妻は4日中の2日間がパート労働、長女もほぼ部活でしたので、
うちにとっては家が綺麗になった分、充実していたかと思います!w


これが今回新たに購入した次女の机!(by NTR)
椅子をあえてブルーにしたトコが天邪鬼なヤツだなあ…w


ちなみに、こっちは新中学生になった長女の机。
最右部の棚は次女の付属品を暫く貸与する形に!


カシュオスタジオ部屋は納戸兼になってしまい、
楽器類はこんな隅っこに追いやられてしまうことに…(涙)
とはいえ、もはや楽器はこども等のおもちゃと化してますが…(照)
在りし日のカシュオスタジオの雄姿はこちらの過去ログで…(遠い目)

本日は長女カシュミの中学入学式に参列してまいりました。
3/23の小学校卒業式は仕事繁忙期でを休むことが不可能だっため、
今回はその時のリベンジも兼ねての有休取得です!

実は、この度長女が入学した中学校は私の母校でもあるのです。
ザッと計算してみると、私がこの中学校に入学したのは33年前…(汗)
でも、そんな昔には感じられないんですよねえ~。
大袈裟ではなく、昨日のことのように思い出されます。
まあ、ある程度物心付いた年齢(12歳)でしたし、
中学の三年間はホントいろんな思い出が詰まっている時代ですから!
校歌を久々に聴いてグっと来るものがありましたし、
厳かな式の中で、私の身も心もビシっと引き締まった1日となりました。

さて、式自体は昼前に終わりましたが、せっかくの有休取得ですから
午後からは平日でないと出来ないことをこなさないと!
ということで、粗大ゴミ(不要チャリ等)を市の無料引取り施設へと
持ち込み引き取っていただきました!w

先週(10/12)のことですが、カシュコの七五三参りに行ってきました。
カシュコと初代CRプレマシーとはほぼ同世代となりますので、
カシュコの成長はうちのプレマシーの成長でもあるんですよね!
この日は、着付け~神社~庭園~食事~義妹宅~着物返却と、
越谷近辺を満遍なく走破してくれました!(笑)


越谷東地区にある「日本庭園花田苑」にて。

もう2週間前のことになってしまいますが、
9/23(祝)~25(日)の2泊3日でキャンプに行ってまいりました。

今回の泊まり処は「大房岬(たいぶさみさき)自然公園キャンプ場」ってトコ!
なんとココ、オートキャンプ場ではないのですよ…(苦笑)
駐車場(インフォメーションセンター)とキャンプ場は600m程離れていて、
クルマの中継地点(ビジターセンター)からはリアカーで荷物を運びます!
故に「610円/一泊一張り」という超破格値なのですが…。


ビジターセンターに着いた私たち。
正にリアカーに荷物を積み込もうとしているところ。


キャンプサイト風景はこんなもんしか撮ってなかったし…(苦笑)


初日のまだまだ若い時間(16:00頃)に早速コイツを明けてしまう贅沢!
大人5人で分け合ってたらあっという間にスッカラカン。
ちなみに、720ml入りのコイツは市場価格はなんと1.5諭吉ほど!


ほろ酔い気分で自然公園内の探検へと向かいました。
まるで「千と千尋の神隠し」に出てくるトンネルのような要塞跡地!


その要塞(トンネル)をみんなでくぐり抜けてみました。
真っ暗でこども達はキャーキャー叫びまくり!


海(東京湾)が見渡せる展望台へ。


そして、200段以上の山道の階段を下り岩場を目指します。


岩場へと出てみました。


岩場近くにある洞窟。
男の子達は好奇心旺盛でガンガン降りて行ってしまいます。


1日目の夕食時に私がスキレットで焼いたピザ。
計4枚つくったのですが、殆どこども等に食べられてしまい、
あっという間になくなってしまいました…(苦笑)
この画像は「待て~~~い!」とこども等の伸びる手を
一旦制して撮った奇跡の一枚!(爆)

2日目は昼から飲んだくれていたせいか、
殆ど写真を撮ってないことに気付きました…(汗)


夕方に磯遊びができる海岸園地へ。

そして、このタイミングでこちらの御夫妻がご訪問くださいました。
昼から吞んでいた私は既に酔っ払っていたこともあり、
何のお構いもできず申し訳ございませんでした。


そんなこんなであっという間に3日目。
帰りもリアカーに荷物積み込んで運びます…(疲)


帰り道、道の駅対面にある「とみうら元気倶楽部」にてお風呂に浸かり、
その後、富浦I.C.目の前にある「道楽園」という施設にて、
お昼を食べて、お土産買って、帰途に着きました。

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ご案内

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja








サイト内検索