2013年1月アーカイブ

ここ一年程、浴室シャワー(12年物)からのポタポタが絶えず、
また、水温の設定も何となくおかしくなりはじめていたので、
ストレーナー部材を手に入れて対処しようと思っていたのですが、
その部材もそこそこ高価(2つで0.6諭吉程)ということで、
いっそ水栓を丸ごと交換してしまおうかと模索し始めたのが1ヶ月程前。

それから「自分で交換(DIY)できないものか?」と目論んだりして、
何となくいけるんじゃないかと思ったところでポチッと!w
水栓交換なんて経験は一切なく、かなりの不安を抱えておりましたが、
本体を購入したからには「やるっきゃない」と!www

IMG_2440.jpg

これが以前の(新築当時から使っていた)シャワーバス水栓(KVK KF133)。

さすがに12年前の代物なので販売終了品となっていました。
当初は、KVKの後継製品を購入すべきかと思っていたのですが、
このようなデッキタイプの水栓は結構値が張ってしまいます。

IMG_6788.jpg

ということで、他メーカーも含めいろいろ探し回ってみたところ、
INAXの「BF-B646T(300)-A100」が取り付けられるのではないか
という結論に達した次第です。
こちら定価5.4諭吉となってますが、実際の購入金額は1.87諭吉でした。

さあ、いざ交換作業開始!
とその前に、庭に出て「量水器」のバルブを閉め、
家全体の水を止めます。

そして、まずは以前の水栓を取り外す作業に取り掛かります。
バスカウンター下部のスカートを開け、
給湯管に繋がった袋ナットと本体とカウンターを
挟み込んでいた締付ナットをスパナで外します。
これで本体自体がスルっと上に抜けてくれるはずでしたが、
12年間押さえつけられていた影響か一筋縄ではいかず...(汗)

IMG_5287.jpg

それでも、左右前後に軽く振りながら上げたら抜けてくれました。

IMG_3390.jpg

以前の水栓を取り外したカウンターの画。
取り付けられていた部分だけ色が綺麗だし...(苦笑)
12年間でこれだけ変色して(黄ばんで)しまったということですね。

IMG_2110.jpg

カウンター穴の大きさも完璧でナット類を閉め装着完了!
あまりにも順調に行ってしまい拍子抜けって感じでした...w

IMG_8259.jpg

ということで完成の画!
大成功!(((o(*゚▽゚*)o)))

謹賀新年

| コメント(5) | トラックバック(0)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
昨年末に独自ブログとして完全移行したとはいえ、
相変わらず更新が疎かになっているこのBlogですが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ということで、恒例の年賀状データをペタッとさせていただき、
この記事の〆とさせていただきます。

2013nenga.jpg

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご案内

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja








サイト内検索