2004年11月アーカイブ

土曜日に、狭い(笑)ゴルフの後席を撮ってみました。
一時期は助手席に装着していたジュニアシートですが、
今はこのようにチャイルドシートと並べて後席に装着しております。

▲現状の後席はこのようになっております…。
運転席のシートバックは長女に蹴られて薄汚れてるし…(泣)

▲前席から見た後席です。
やはりチャイルドシートがかなり嵩んでいるのがわかりますね!

あまりのネタ不足のため、ゴルフワゴンの写真を換えてみました(笑)

しかし本日のメインイベントは、ゴルフの写真を撮ることではなく
年賀状写真撮影の第2弾!
一応それなりの写真を撮ることはできたのですが、
やはり一眼デジカメが欲しいですねえ…。
10年程使っている銀塩一眼(EOS-5)があるのですが、
たった1枚の写真のためにガシガシとシャッターを切れるほど
経済的余裕がないもので…(笑)
ちなみに先週と今週で、300画像以上撮っております…(笑)

中国新聞ニュース「マツダ、100人以上中途採用へ」の記事
『十二月から新型ミニバンの生産を始める。』とありますね!

子持ち親父様へ
ぼのさんより追加でご提供いただきました「2列目シートバック」の画像です。


ん~、この画像を見る限り、シートバックかなり低く見えますねえ。
でも写真というものは、カメラの構える位置によって
絶対的に写り方が変わってくるものですからねえ~。

思いっきりピンボケ写真で恐縮なのですが下記画像は私が撮ったものです。
ぼのさんよりも遠い位置(ラゲッジルーム)からカメラを構えて撮ったもの
ですので、そんなにシートバックの低さが強調されていませんでしょ?


ちなみに、2列目各シートバックの両端は、中央部よりも若干下がっています。
+ONEシートは、その両端の低い位置とツラが合っています。

ぼのさんより、東京モーターショー時の新プレ写真をご提供いただきました!
新プレ情報がプッツリと切れてしまい、blogのネタ不足で悩んでおりましたので
本当に嬉しい限りです。改めまして、ぼのさんありがとうございました。
ということで、早速アップさせていただきます!(ぼのさんのコメント付きです)

▲ナビの操作部分です。

▲オーディオのようですね(笑

▲ダッシュボードの中です。結構広かったですね。
こちらはグレーですがスポーツタイプは黒でした。

▲ダッシュボードの中です。

▲2列目の席を中央くらいにあわせたときの3列目の足元スペースです。
レールが邪魔との意見も有りましたが、そんなに出っ張ってはいませんね。

▲3列目に座って前方を写しました。席の位置は“10”だと思います。
2列目にはお客さんが座っていますが、そんなに狭苦しくは見えないと思います。

▲3列目からは天井のモニターはこんな風に見えます。

▲ハンドルのスイッチを写したつもりが、
奥のワイパースイッチにピントがあってしまいました。

めっきりと情報が少なくなってしまいましたが、
国沢光宏氏のWebサイトに、新型プレマシーの記事があります。
ぼのさん、ご紹介ありがとうございました。

新プレサイトも更新されましたね!
しかし、早く「発売日」の確定情報が知りたいですねえ…。

ここのところ、新プレ情報がパッタリ…ということで、
東京モーターショーでの「お蔵入り(?)写真」を公開いたします。
大した画像はございませんので、何卒ご容赦くださいませ…(笑)

▲ボンネットからAピラーにかけてのラインは、
やはりフレクサとは微妙な差がありますね!
ボンネット先端部の盛り上がりがフレクサよりも若干ある気がします。

▲左上のゴルフの写真然り、
車のヘッドライト付近を撮るのが結構好きな私です(笑)

▲真正面からです。
言われてみると「フィットアリア」に見えなくもないですねえ…。

▲2.3Lの画像がやたら少なかったので、ここでひとつ!
(しかし下からナメ過ぎたかな?・笑)

▲2.3Lのエンジンルームです。

▲ワイパーです。

▲前ドアの開いたところをどうぞ!(笑)

Mazdaから例のお礼で郵送されてきたものは「QUOカード」でした。
お礼文も勿論同封されておりましたが、それがなんと全て手書きなんです!
おそらく、Webに載った「4家族」だけに宛てたものなのでしょうが、
宛先が複数の場合、今のご時世「手書き」など考えられないですよね?
って、私自身が「手書き文書」など久しく書いていないからかな…?(笑)

さすがに「若者」って部類には当然入らない私にとっては、
このような「手書き文書」は大変心に響いてしまいます(単純・笑)
末筆の『皆様により良い商品・サービスを提供できるよう…』の行には、
正直「ジーン」ときてしまいましたし…(笑)

レコードとCDとの大きな違いは、人間に聞こえない周波数音の有無!
CD普及当時「アナログレコードは暖かい・心が和らぐ」などと、
実しやかに囁かれましたが、正直その当時(20年程前)は
「CDのノイズの無さ」に、私は心奪われておりましたし、
「新しいものは良い!」と単純に思ってしまう年頃でもありまして、
その違いは全く感じられず、というか感じようともしませんでした(笑)
しかし、CDが当たり前の世の中(10年後位でしょうか?)になってから、
ふとレコードを聴いた時、ホントに違って聴こえたんですよ!
特にブラス(管楽器)系の音が見事に…。

これに似た感覚なんでしょうかねえ~?
Word等の文書では、フォントの違いでしか表現できないものが、
手書きの場合は、十人十色ですからねえ~。
大袈裟に言えば、無限のフォントがあるわけですから(笑)
しかも、級(ポイント)数・字間・行間なんて、実にアナログチック!
その人なりの紙面空間の使い方が見事に表れますよね?
一番わかり易いところでは、文字のはね方などで
丁寧に書いているのか?雑なのか?ってことも顕著に表れますし…。

今回のこの手紙で、例え同じ文面であっても、手書き文書は
明らかに「伝わり方が違う!」と改めて、いや初めて感じさせて
いただいたような気がします。

符牒

| コメント(0) | トラックバック(0)

新プレ情報がプッツリと途絶えてしまい、
書くネタがない状態なんですよねえ~(困)
ということで、車とは全く関係ないことを
またひとつ書かせていただきたく存じます(笑)

みなさん「符牒」ってご存知ですか?
「隠語」といった方がわかりやすいかもしれませんね!
バブル当時、「業界用語」っていう括られ方で持て囃された
「逆さ言葉」がひとつの例えとなりますが、当時のそれは
「ワイハ」などといった、ただ単に逆さにしただけで、
本当の「符牒」とは程遠い類のものが多かったですね!

最近のネット上(特に某ちゃんねる)で語られる「隠語」
(「香具師」や「鯖」など)の方が、「符牒」と呼ぶには
まだ向いている方だとは思うのですが、
やはり「確信犯的な言葉遊び」といった感は否めない…。
文字をタイプするPCならではの言葉ってのも多いですしね。

『符牒は江戸時代の寿司屋等で実際使われていたもの!』
とは、古今亭志ん朝さんの「今戸の狐」枕でのお噺。
「寿司は時価!」というのは昔っからの慣わしのようで
やはり客を見て、金額を決めていくこともあったようです。
「あがりー」と客に言われたら、店の小僧が大将に向かって
「ここのお客さんにあがり一丁!」と言う。
すると大将が「○○○○○!(これ符牒だからわからない・笑)」
と小僧に言い返す。すると小僧は客に「幾ら幾らです!」と言う。
要は、大将の言うこの「○○○○○!」っていう言葉自体に
客に請求すべき金額が隠されているというわけです。
これが本当の「符牒」。
当人達以外には絶対知られてはならないことなのです!

私の職場では、今なぜか「符牒」が流行っております(笑)
「お先に失礼します的な言葉」=「のうみ」
「先に退社するけど酒の席で待っているよ的な言葉」=「ざくら」
「仕事に追われ帰りがいつになるか不明な時」=「鉄郎」
「タバコを吸いに喫煙ルームへ行く時」=「序二段」
あらら?これらは仕事上で非常に後ろ向きなことばかり…(笑)
そう!あまり人に知られたくない!これが「符牒」なのです。

本日は19:00から、そんなに大々的ではない送別会があります。
私は、おそらく仕事が終えることが出来ずに遅れることが確実なため、
符牒を知っている同僚に対しては、「鉄郎!」と言います。
そしてその同僚からは、「ざくら!」と返ってくることでしょう!(笑)

PC復活

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社のPC、なんとか復活したかなあ?って感じです。
昨日は、ほぼ丸1日付きっきりでしたねえ…(疲)

しかし、クラッシュしてすぐに「再インストール」って
手を取れば、こんなに時間はかからなかったのでしょうが、
再インストールは「最後の砦」といった感がありまして…。
なんとかそうせずに修復させようと色々試みたのが
時間がかかってしまった要因ですね。

クラッシュ直後は「なんとかなるでしょ?」なんて軽々しく
考えてたのですが、私のわかる範囲の方法で試みても
どうしてもOSが立ち上がらない…。
CDからセーフモードで立ち上げても途中で「クーン…」。
あの「クーン…」って音、トラウマになってしまいそうな位、
あの日1日だけでいったい何回聞いたことか…(笑)
既に、システム担当者は帰ってしまっていたので、
トラブル好き(笑)な同僚に助けてもらいながらの作業でした…。

しかし、上書き再インストールってやつは後が面倒!
様々な設定がすべて初期化されてしまって…。
当日はネットワーク系に何とか形をつけるだけにして帰り、
昨日は元の状態に戻すべく作業…。
何とかクラッシュ前の90%ほどの状態には戻りました。

家のPCより会社のPCでblogに書き込むことが圧倒的に多い私…。
ホント復活してくれて良かったぁ(笑)

参りました…。
昨日21:00位に、会社のPCがクラッシュし、
様々な手を尽くしたのですが、どうにもならず…。
結局、上書き再インストールすることを決断し、
夜中の2:00までPCと格闘しておりました…。

何とかOSは立ち上がり、既存のファイルも
生きてはいるのですが、いかんせん以前の状態に
戻すには、まだまだやることてんこ盛り状態…(萎)
今日も1日、PCと格闘することになるでしょう…(泣)

新プレをご検討なさっているみなさんも、おそらくそうであるように、
私も「WEB TUNE FACTORY」で妄想を掻き立てております(笑)
しかし、外装色は以下9色で決定なのですかね?

①サンライトシルバーメタリック
②ファントムブルーメタリック
③ステラシルバーメタリック
④カーボングレーメタリック
⑤ストラトブルーメタリック
⑥スノーフレイクホワイトパールマイカ
⑦クラシックレッド
⑧ブリリアントブラック
⑨プラチナムシルバーメタリック

色々と調べてみたのですが、既に①⑤⑥はアクセラで採用済み。
そして①⑥⑦⑨はMPV、⑤⑥はベリーサ。
よって②③④⑧が「新プレ」専用の新色となるのですかね?

私は今の所有車がシルバーということもあり「次の車は違う色に!」
と思っておりましたが、実際見た2.0Lの「①サンライトシルバーメタリック」
がしっくりと感じてしまいましたので非常に悩み出してしまいました…。

2.3Lモデルのイメージカラーとなっている色って、②なのですかね?
それとも⑤なのでしょうかねえ…?
「WEB TUNE FACTORY」上では、色が曖昧なのでよくわかりません…。
しかし、私的には2.3Lのブルーはちょっと…見送り気味…。

東京モーターショー関連の怒涛のアップも終わり、
やっと一息って感じなのですが、それで気がフッと
抜けてしまったか、体調を崩してしまいました…。
風邪なんですかねえ~?
熱はないのですが、節々が痛いんです(辛) 特に背筋!が。
もしや、新プレに乗り込み過ぎての筋肉痛だったりして?(笑)

さて、東京モーターショーの総論ですが、
近年、私がここまでイレ込んだ車はなかったですね(笑)
6時間ほど同じブースに居続けられたのは、
今年は「商用車・福祉車両が主なショー」ということと、
やはり「このblogのネタ集めのため!」というのが
主な理由でしょうが、それを差し引いたとしても
「新型プレマシー」は、とっても魅力的な車だと
私の目には映りました。

まず、ありきたりな言葉で恐縮なのですが、
スライドドア採用なのに、とてもスタイリッシュです。
何度も申し上げていることなのですが、実際目の当たり
にした時のボディのボリューム感には圧巻です。
特に、スライドドア部分にそれを感じることができる
ので、「今までにはない!」と思ってしまうのです。

スライドドア採用の車って、得てして
「フロント周りは頑張ったけどココは無理よ!」と
いったデザインのものが多いと思います。
「スライドドアなのだから、当然リア周りのスタイル
は犠牲にしてます!」と押し付けられているような感覚が、
私には今まで納得できない部分でした。
「新プレ」は、それを打破した初めての車と言っても
過言ではないのでしょうか?(誉めすぎ!・笑)

欧州では、「スライドドア車=商用車」という図式が
まかり通っている実情もあって、スライドドア採用と
いうことだけで敬遠されてしまう傾向にあるようですが、
このボディスタイルを見たら、欧州の人々の「スライド
ドア車に対する価値観」も、変わってくるのではないでしょうか?
もしかして「欧州マーケットを変えられるかも知れない…」
との淡い期待も寄せてしまいます!(笑)

まあ、新プレを実際この目で見ることができて、
十分に舞い上がった状態での発言ですので、
話し半分程度に受け取っていただいた方が
良いかもしれませんが…(笑)

お約束通り、「アクセラ20C」の試乗車をご用意いただけたようで
本日夕方ちょっと暗くなってからですが、乗ることができました。

まずは結論から…。「かなり良い」です!
正直、ここまで「良い」とは思っていませんでした…。
乗って30m程で「こりゃいいですねえ」と声を上げちゃいましたし(笑)
「新プレ購入モード」に突入したという贔屓目は、正直多少なりとも
あるのでしょうが、「それは思わないように!」と自分に言い聞かせ、
素の状態をつくり上げて乗り込んだつもりでしたが…(笑)

まず、ディーラーを出発する際、大きな通りへ出る瞬間に、
「ステアリングフィールの良さ」を強く感じました!
別にコーナーを走っている時ではなく、時速10kmくらいで
「このステアリング好き!」と感じられたのです。
正直ゴルフⅣのステアリングは、ダメな部類(リニア感なし)
に入るものなので、それはそれはかなり良い感触でした!

で、軽く加速…。
やっぱり「ボディとシャーシのつくり込み」なのでしょうか?
ゴルフⅣ以上のボディ剛性を感じます。
ガッチリ感・包まれ感をこんなにも感じられる車はそうそうありません。
足回りは、先週乗った「MPV」「アテンザ」より若干固めですね!
しかし、何度も申し上げますが「ゴルフ」よりは柔らかいです(笑)
ちなみにタイヤは205/55R16でした。

ブレーキはMPVに似た感触。
剛性感ありますが、踏み始めの制動力がもうちょい欲しい
といったところですね!
でも、ペダル位置(アクセル・ブレーキ共に)が、かなり
しっくりきていたことに後々気付きました!
というのも、約4年間も乗っているゴルフに乗り換えて帰宅
する際に、「ん?ペダル位置が近いな!(手前だな!)」
と感じてしまったのです!
やっぱり欧州車って、結構「手前付のペダル」の車って多いのですが、
普段ゴルフに乗っていても、そう感じたことはなかったので…。
これはホント「目から鱗」状態でしたね!
だって、自分の車の方がしっくりこない!と思わせて
しまうのですから…。

次に、結構広めの道路に出て、ちょっとフル加速。
「おっ!」アテンザでは感じることのできなかった
「トルク感」を感じられます(3000~4000回転位が気持ち良い)!
同じ2.0MZRエンジンなのに何故?って感じ…。
やっぱり車重やチューニングの違いの問題なのでしょうか?

アクティブマチックでも結構遊ばせていただきました!
しかし、あれって普段やってないことですから
ギアチェンするの忘れてしまいますねえ…(笑)
営業さんとの話に夢中になっていて、30mくらいを1速で
走ってしまったりもしました!
営業さんに「あのギア…」と促されて気付く始末…(汗)

最後に、これも「目から鱗!」状態なのですが、
後輪タイヤの位置がわかるんです。ゴルフよりも遠いな!って。
これって、俗に言う「後輪の接地感」ってやつなのでしょうか…?
でも、そういうタイヤの位置まで感じと取れる車って、
初めての経験でしたので、なんか不思議な感覚でした。

そして約1時間の試乗は終了し、営業さんの
「新プレの乗り味は、やはりアクセラに近いのでは?」という
嬉しいお言葉と、いつものように数々のノベルティグッズを
土産にもらい、家路に着きました(笑)

なんか、褒めすぎですかねえ~。
でも、私がひとりモンだったら、間違いなくアクセラ購入します!(笑)

わ~~~!恥ずかし過ぎ!
あの4家族だけでは、誰が私かバレバレじゃないですかねえ?
誰がぼのさんかも、かなり大きなヒントがあります!
このblog開設当初からの読み手さんは一発でわかるでしょうね!(笑)

しかし、ぼのさんの口調、落ち着いてますよね!
反面、私ときたら…。擬音語が多くて幼稚くさ…(笑)
このblogで普段から申し上げていることの焼き直し発言ばかりで、
しゃべりに対する応用力のなさにホント萎えます…。
思わず「家族主義車…」と言いそうになって、あわてて「家族車」
と言い直していた辺りは、ここの読み手さんにはウケルでしょうね!(笑)

コメント(文章)部分は、結構リライトされていますね!
「ボディシェイプ」なんて単語、私使えないですし…(笑)
あれ?こんなこと言ったっけなあ?ってこともありますが、
きっと言ってたんだろうなあ~?舞い上がってましたから(笑)

でも、1日でここまで編集してアップまでこなしてしまうんですね!
さすがにプロのクリエイターさんは違います!

まだ言い忘れていたことを幾つか…。

私的な使い方(2列目右側を最前方、左側を最後方)でしか、
2・3列目を試しておりませんでしたが、今一度乗り込むべく並んで
いた時にふと見ると、大人の方が3列目に座っている時がありました。
(ごめんなさい…画像はないです)
やはり、その時の2列目レッグスペースは、通常レベルといった印象が
強かったですねえ~。イメージで「キツくもなく広くもなく…」といった感じです。
大人6人(7人?)の乗車も、決して「無理矢理!」っていうレベルではない
でしょうが、やはり長距離だとちょっと苦痛になるかもしれませんねえ~。

次にウォークスルーについて。
ウォークスルーを実際に試すことができたのは、
実は2列目⇔3列目だけだったのです。
いかんせん、誰かしらが絶えず車内に乗り込んでいる状態
でしたので、思うような実験(?)ができませんでした。

では2列目⇔3列目ウォークスルーのお話しから!
ここは思いのほか余裕に移動できましたねえ。
ただ、2列目が互い違い(左は前方・右は後方へスライド)と
いう状態でしたので、「+ONEシート背もたれ跳ね上げ部」が
気にならなかったのだろうと思います。

1列目⇔2列目は見た目で何とか頑張れば…といった感じです。
無理ってことはないでしょうが、折り畳んだドリンクホルダーと
サイドブレーキがありますから、そこに大人の足を着くというのは、
少々強引かもしれませんね!跨いじゃえばいいのかな?

1列目⇔1列目は、やはりATセレクトレバーの張り出しが邪魔しますね。
1列目を最後方へスライドさせれば、私のモモは通りそうでしたが、
通常のドライビングポジションに合わせた状態だと無理でした。

続きまして、計測部分の補足です。
1列目のヘッドクリアランスはこぶしで計測しました。
2個丁度といったところでしょうか?
しかし、おそらくみなさんが期待されているであろう、2・3列目の
ヘッドクリアランスの計測はすっかり忘れてしまいました…。
2・3列目に行ってしまうと、シートアレンジやレッグスペース等、
下の方ばっかりに気を取られ、上の方を蔑ろにしておりましたねえ。
あと、計測し忘れて悔いが残るのは、各シートの奥行(縦幅)。
横幅ついでに出来たじゃん!とホント後悔しております…。
どなたか、週末に行かれる方がいらっしゃいましたら、
是非とも計測をお願いしたい一番の箇所なのですが…。

最後に、今まであまり触れることがなかった外装について。
サイズ的なことですが、全高1615mmには見えませんでしたねえ。
私には結構というか、かなり高く見えました。
イメージ1650mmくらいでしょうか…?(ってイメージばっかり!・笑)
これは、二言目には「背の高い車がいい!」と言っている
妻へのプレゼン材料にはうってつけだと感じました!(笑)

全幅もボリューム感のあるデザインからか、大きく見えました。
そういえば、欧州仕様のMazda5は全幅1755mmでしたが、
新プレの全幅はマイナス10mmの1745mmでしたね!、
これは、やはり「サイドプロテクトモール」の有無が関係しているのかな?
でも、実際目にしてみても、モールよりフェンダーの方が張り出して
いるように見えてしまうんですけでねえ~?

恐るべし…カービュー掲示板!
たった1回のURL記載で、カウンター急上昇です。
いらっしゃってくださったみなさん、ありがとうございました!
お役に立てて、私自身も励みになります。
よろしければコメントなどいただけると幸いでございます(笑)

さて、やっと昨日の画像の整理がつきましたので、
何点かアップさせていただきます。
しかし、殆どがありきたり画像となりますこと、ご了承ください。

▲今まで、ラゲッジルームの画像を1点もアップしておりませんでしたね!
やはり、3列目使用時ではこの程度です。
サイズ的には、奥行き:約370mm・左右幅:約1130mmです。
ちなみに、ヘッドレストはこの位上げて大人がぴったりって感じです。
それだけバックシートの天地が短いということです。

▲私はこのように3列目左側を畳んで、ここへA型ベビーカーを
積もうかと考えております。

▲そうそう!2.0Lモデルのステアリングはただのウレタンでした。
2.3Lモデルは本革巻きでしたね!
MPVの「スポーツ」と「エアロリミックス」の違いと同じ
言えば、おわかりいただけますか?


▲リアエンターテイメントです。
ここにDISCが入れられるドライブがあるっていうことは、
前席はナビで、後席はDVD鑑賞っていうことが可能なのかな?

▲ポチポチのアップです!(笑)ってしつこいですよね?
しかし、「絶対嫌だ!」と思っていたこのポチポチを、
受け入れられるようになったんですよねえ~、私(笑)
そういう意味で感慨深い画像です。

▲ありきたりの画像ですが、2.0Lモデルにおいてもフロントのボリューム感
はかなりのものです。(でも写真だと伝わらないかなあ~?)
あっ、ボンネットの向こうに頭だけ写っているのは…(笑)

▲ただのリアビューです。
私の好みで、全体的に2.0Lの写真が多かったですね(笑)

画像アップも一段落が着いたところですので、
まだ伝えきれていなかった計測情報について!

当日はメジャー片手に意気揚々と乗り込んだのですが、
予想以上に人が多く、メジャーで測るのはかなりの困難、そして迷惑…。
もっともっと測りたい部分は山ほどあったのですが、
私も「人を押し退けてでも!」ということができない性分ですので、
とりあえず、こんなもんでご勘弁ください…(詫)

なお、あくまでも素人計測ですので、参考程度にしてくださいね!

●1列目シート座面幅:各510mm
●1列目運転席と助手席のシート間:最少で140mm
 (最少とはサイドブレーキ~ドリンクホルダー折畳み状態の間距離です)
●2列目シート座面幅:各500mm(シートベルトアンカー部までは450mm)
●2列目の「+ONEシート」座面幅:240mm
●スライドドアステップ地上高:最高で370mm
●3列目シート座面幅:各500mm
●ラゲッジルーム奥行(3列目使用時):370mm
●ラゲッジルーム左右幅:1130mm

またまた仕事を中断してのアップ作業です(笑)

▲暗い写真なのですが、こちらの方が伝わりやすいかも…。
2列目を最後方にスライドした時のレッグスペースです

▲やはりATセレクトレバー部の張り出しは、
邪魔な人は邪魔に感じてしまうかもしれませんね!

▲一時期、テールゲートとスライドドアが緩衝して…という
情報(噂)がありましたが、何の問題もないようです。
でも、結構ギリギリ感はありますね(20~30mm)

▲テールゲートは樹脂製でした!
ノックの要領で叩いてみたら「トントン」と。
開け閉めもゴルフワゴンのそれよりも当然軽め。

東京モーターショー報告の続きです。

▲ダッシュの素材は、あえてシボ加工を施さずに幾何学模様なのはアクセラ同様。
私的には、このドッヂボール表面(笑)のような素材感、好みです。

▲ドアミラーがデカい!
現状のゴルフのドアミラーがやたら小さいので、私の目には
そう映るのかもれませんが、後方死角が怖い私にとっては
とってもありがたいことです(ゴルフでは何度も怖い目に…)。

▲このMazdaロゴ部に付いてるものはなんだろう?と思い、
STAFFの方へ質問したところ、なんとカメラとのことです。
この会場では2.3Lのみ装備されておりましたが、
全モデルにOP設定があるようです。

▲この画像はパッと見なんだかわかりませんよね?
これは、スライドドアをフルOPENさせた時に、ボディとドア内張り
との隙間があまり無いのでは?と感じ、撮ったものです。
雨でボディが濡れている際に、内張りでボディの雨粒を拭いちゃいそう?

▲スライドドアのウインドウはここまで下がります!(好印象)

▲ボンネットインシュレータを装備。素晴らしい!

▲16inchタイヤ&ホイール。

▲17inchタイヤ&ホイール。やはりこちらがいい!

▲やはり205タイヤの恩恵か、2.0Lモデルでもほぼツライチ状態です。

▲夕方になって人集りが落ち着いてきても、
乗り込むにはこのように並んで待つ、相変らずの盛況ぶり!


とりあえず、こんな感じです。
ピンボケの写真が多いですが、何卒ご了承ください!
実は、この③④の報告は午前中にアップできそうだったのですが、
IEがフリーズしてしまい、一からやり直していたのです…(泣)
怖いので複数に分けさせていただきました。
まだまだ申し上げたいこと盛りだくさん状態ですので、
こまめにアップしていきますね!

お待たせいたしました。
画像とともに、東京モーターショーのご報告をさせていただます。
まあ、ありきたりの画像はNET上に散々転がると思いますので、
そのような画像は、あえて割愛させていただきますこと、ご了承ください。

▲Mazdaブースのステージ上風景。
ある程度落ち着いた状態の15:00頃の写真。

▲この画像でも伝わらないと思うのですが、
実際に目の当たりにすると、エクステリアデザインかなり良いです!
特に、スライドドアのボリューム感・ラウンド感は見事ですね!

▲2.0エンジン。
自動車サイト上では2.3Lの画像しかなかったもので載せます。
(とは言っても、カバーのおかげで違いはわからず・笑)

▲1列目のドリンクホルダーはこんなところにありました!
(ウォークスルーのために折り畳み可能)
ちなみに、サイドブレーキと折りたたんだドリンクホルダー間は約140mm。

▲ドリンクホルダーを使用状態にするとこんな感じです。

▲2列目を最後方までスライドし、私が座った状態です。
撮り方が悪かったため、わかりにくでしょうが、
膝~1列目バックシートまでは、こぶし2個以上は確実。
予想よりも遥かに広かったです。でも私は足短いので…(笑)

▲2列目の座面を持ち上げるのはホント軽かったです(好印象)。
びっくりしたのが、座面の動きと同時にシートベルトアンカー部も
一緒に動くこと!座面を戻すとスッとあまり目立たぬ位置へ移動。

▲3列目レッグスペースも2列目を最前方へスライドさせれば
かなり広く、私が座ってもこの通りの余裕でした。


とりあえず、③はここまでとさせてください。
④に続きます。

東京モーターショーのご報告②です。
とりあえず、写真が絡まない文章のみのご報告で済むものから!

まず、発売日は「2月」とのことでした。
X誌には「2月8日」と明記されておりますが、
STAFFの方からは、明確な日にちの回答はありませんでした。
ぼのさん情報によりますと、1月下旬には販売店に入る模様ですね!

次に、「+ONEシート背もたれ」の付位置について。
これは欧州仕様のMazda5と同様に「2列目左側付」とのことです。
国内仕様のプレマシーにおいても「右側付」にはならないということです。
私は常々「国内仕様は右側付でないと…云々…」と申し上げておりましたが、
よくよく考えてみますと、私的には「左側付」でよかったような気がします。
というのも、ベビーシートを「2列目右側」に装着し、最前方スライド
させる予定でおりますので、「+ONEシート」まで一緒に前方スライド
してしまっては、元も子もないですからね!
そして、仮に「+ONEシート」を使用する場合でも、着脱が面倒な
ベビーシートをいちいち取り外す必要もありませんし…。
実際目の当たりにして、いろんな考えを巡らすとそんな答えが出ました!

続きまして、グレード展開について。
搭載エンジンの2.3Lと2.0Lというラインナップは確実なのですが、
グレード展開はまだ未定とのことでした。
「2.3Lは1グレードで2.0Lが2グレードなんですよね?」
とSTAFFの方にカマかけたのですが、
「グレードについてはまだ決定しておりませんので…」
とスッとかわされてしまいました…。
「2.0Lにもキンキラテール付くのですか?」と聞いても、
「まだ決定していないグレード展開によります」とのこと。
ん~、なんか嫌な予感がするなあ。
私の予想通り2.0Lが2グレード展開される場合、
16inchアルミを履く2.0L上級モデルは
キンキラテールになっちゃったりして…。

最後に、内装色について。
2.3Lは「ブラック内装のみ!」と断言されてしまいました(笑)
しかし、2.0Lについてはうやむやに…。
やはりこちらも2.0Lのグレード展開が関係してくるのでしょうね!
2.0L上級モデルも「ブラックのみ」だったらどうしよう…(不安)

言葉でお伝えできるのは、今のところこんな感じです。
それでは、引き続き画像整理に入ります。

先ほど、20:00位に戻って参りました。
それから夕飯食べていたもので投稿が今になっております。

まあ、それにしても濃い1日でした…。
何から話して良いのやら…状態です(笑)

まずはじめに、
ぼのさん!お会いできて嬉しかったです。
何時頃までいらしたんですか?
私は結局17:30までおりました。
しかも、ず~っとMazdaブースに!(笑)

しかし、予定が大幅に狂ってしまった1日でした。
いや、到着は予定通り11:30だったんです。
そして、勿論Mazdaブースへ直行!
新プレ2台はステージ上に置かれ、モデルさん達が
踊る類のイベントを行っておりました。
「あらら~、触れないの~?(困)」がその時の感想…。
しかし、そんな心配は無用でした!
『さあ、みなさんも新プレマシーに触れてみてください!』
のナレーションでステージ上は人集り!
私も速攻でステージに上がり、まずは写真を撮りまくり!
それから中へ乗り込んでいろいろとイジリまくり!
そして、スタッフの方々をつかまえては質問をしまくり!

そんなことを繰り返して30分ほど過ぎた頃でしょうか…。
『お客さま!新プレマシーについてインタビューさせていただけませんか?』
と、スタッフのお姉さまの声が。
『先ほどから熱心にご覧になられていらしたので…』
とは、よほど私の行動が目に余ったのでしょう…(笑)
確かに、一向にMazdaブースのステージ上から降りずに
写真を撮って、乗って、降りてを繰り返しておりましたから…。

そして、どうせ2、3分のことでしょ?と勝手に解釈し、
気軽にインタビュー受けを承諾すると、なにやらお兄さん方がゾロゾロと。
「スチールとビデオも撮らせていただけませんか?」と何やら様子が違う…。
えっ?ちょっともしかして…軽くなさそうな予感…。

そうなんです。
私と娘、新プレサイトのネタのためにスカウト(大袈裟・笑)されてしまいました。
ちょうどこの頃、ぼのさんとお逢いできたんですが、こんな状況だったもので
ゆっくりとお話できませんでしたね。すみませんでした。

それから、ポーズをいろいろと要求されながらビデオと写真撮影。
(慣れてないんだからヤメテー・笑)
その後別室に連れて行かれ、襟元にマイクを付けられインタビュー。
(襟元にマイク付けるなんて初めてで舞い上がり・笑)

これで結局1時間は取られてしまったのでしょうか…?
なので、私のデジカメ写真は数十枚程度撮ったっきり。
ビデオも撮ってないし、計測も全くできてない…。
娘がお腹が空いたと駄々をこねるので、とりあえず飯を食ったりと、
結局、その後本気で見出したは14:00くらいからでしょうか?
そんなこんなで、大幅に予定が狂ってしまった1日でした。

さて、誠に申し訳ないのですが、この投稿自体はここまでにさせていただいて、
新プレの詳細情報については、デジカメ画像の整理が付いてからアップ
させていただきます。どうかご了承くださいませ。
これから整理に入りますが、投稿は明日になってしまうかも…(泣)

さて、「新プレサイト」を拝見しておりましたら
なんとなくグレード展開が見えてきました。

着目したのはタイヤサイズ。
①195/65R15
②205/55R16
③205/50R17
新プレには、以上3パターンが用意されるようです。

これを1.5Lを除くアクセラに当てはめると
①→20C
②→20S
③→23S
このようにバッチリと振り分けられます。

ということは、新プレも
2.0Lは2グレード、2.3Lは1グレードという展開に
なるのでしょう!(って、私の勝手な予想ですが…)

私的には②のグレード狙いと行きたいところです。
②ならオリーブ内装色、設定されますよね?

4AT

| コメント(0) | トラックバック(0)

2.3Lも4AT決定のようですね!
「新プレサイト」のSPEC欄に、2.0L・2.3L共に「4AT(アクティブマチック)」
と記載されていますね。

さあ、これで「オリーブ内装」を中心に考えられます!
2.3Lがブラック内装のみの設定だったら、私は2.0Lを選択すると思います。

管理人のくせに、ちょっと出遅れの感が…。
Mazdaの「新プレサイト」今拝見しました。
そして各メディアから続々と情報が発信されてますねえ。

実は、本日休暇をとっております…。
とはいっても、幕張に行っているわけではありません(笑)
本日の業務が、昨日サラっと終わらすことができたので
ただ単純に休んでおります。

妻の買い物の付き合いやらで、ずっと外に出ておりました。
そして洗車をしたら、あっという間にこの時間。
これから、デジカメの充電・ビデオの充電・PDAの充電など
やること盛りだくさんだ!(って充電ばっかじゃん・笑)

しかし、この画像を見る限り、回転台の上に置かれていますねえ?
触ったり乗り込むことができるのか、ちょっと不安…。
というのも、この画像はあくまでプレスデーのもの。
一般公開になると、ロープ張る車って多いですからねえ~。

P.S.
おっと、この画像を見ると、奥のほうにシルバーの「ベーシックモデル」
が展示されてますねえ。期待!期待!

試乗の続きです。

MPVのサスは固い!というのが一般論としてありますが、
私にとっては、とても心地良いものでした(ホントに)。
と同時に、やはりゴルフの足はガッチガッチなんだと
再認識した瞬間でもありました(笑)
ゴルフって街中や高速の継ぎ目では、かなりゴツッ!ゴツッ!
とくるんですよ。でもMPVではトン!トン!っていう程度です。

ある程度のスピードも出してみましたが、その時の
フラットな乗り心地は欧州車を感じさせてくれましたねえ。
これは、ある意味ゴルフっぽいビシーッとした走り。
結構好きな乗り味です。
ブレーキは剛性感ありますが、あと少しだけ踏み始めの
制動力が欲しいかなあ?と思ってしまいました。

私的に、MPVの足は「結構タイプ!」と感じましたが、
世間ではこれが「固い!」という現実…。
私の感覚がズレてしまってるのかなあ?(笑)

ATENZA2.0Lは、やはりMPVよりいくらか柔らかいですね!
普通の乗用車って感じです(正直つまらない)。
2.3Zに乗ってみないとATENZAの楽しさはわからないのか…?

しかし、ATENZAの内装はいただけませんねえ~。
「Mazdaの内装は云々…」の意味がATENZAでわかりました。
確かに「ダッシュのシボの出し方」や「ダッシュパネル素材」、
「ドアトリムの素材」等に、正直トーンダウン…。
内装の質感が正直高い部類に入ると思うゴルフⅣと
知らず知らずに比べてしまっていたと思うのですが、
MPVでは「質感低いなあ~」なんて感じなかったもので…。
アクセラやベリーサの展示車も拝見しましたが、
こちらの2台はさすがに質感高かったですねえ。
ATENZAだけどうかしてしまっているのかなあ?
それとも廉価版の2.0Lだったからなのか…?

ATENZAの私的評価があまりにも低いもので、
2.0Lのエンジン個体まで「あまり良くない」と
感じてしまっているようです…。
あ~、早くAXELA2.0Lに乗って「口直し(笑)」したい…。

東京モーターショーのチケットは、10/28にヤフオクにて
落札している(11/1に着予定)のですが、
何とMazdaディーラーからもいただいてしまいました…。

実は、不躾だとは感じながらも、試乗の予約をする際(10/27)に、
営業の方に打診してみたんです。
『新プレ出展なし!って言ってたのに出るじゃないですかー!
何としても見たいので、チケットあるのならいただけませんか?』と。
ちょっと嫌味入ってますかね?(笑)
ところが、営業所自体には取り置きがなく『本社に聞いてみます!』
とのことでしたので、この目はないな!と悟りヤフオクへ直行!
チケット2枚(友人の分含めて)、半値以下でしたので手に入れたのです。

そして、土曜日の試乗の際にも
『ごめんなんさい!まだ手に入りません…』と予想通りの返答…。
私もこれ以上オネダリするのは性格上好みませんし、
なんたって既にヤフオクにて落札しておりましたので
『いえいえ、もう結構ですから!』と申し上げていたのですが、
日曜夜に家のチャイムが鳴り、外にはMazdaディーラーの方が…。
そうです、チケット2枚持ってきてくれちゃいました…。
なんか予想はできていたんですよねえ~。もしかして…と。
「もう手に入ってますから!」とも言えずに
とりあえずいただいてしまったのです…(太え野郎だ・笑)

さあ、どうするか…。
と、すぐに結論は出ました!ヤフオク行きです(笑)
いただいたものを出品することは心痛みますが、
私は実際モーターショーにMazdaの車を見に行くわけですし、
チケットもお金を出してヤフオクで手に入れたもの。
それじゃ、その分くらいは取り返そう!という非常に前向きな出品です(笑)
当日は駐車場代など、まだまだ出費が重なりますし…。

今回の件で、Mazdaディーラー営業マンの株はかなりアップです!(笑)
チケットくれて家まで持ってきてくれたから!ということではなく
『いえいえ、もう結構ですから!』と私が試乗時に申し上げた時、
「いや!意地でも手に入れてやるぞ」っていう意気を感じたので!
一度は「新プレ出展なし!」と私に言ってしまったことの責任を
何とか取り返そう!と彼なりに頑張っている姿がそこに見えたのです。

私は単純なので、そういう「意気」って好きなんですよねえ~。
でも、「根性」とか「努力」ってのは大嫌いなんですけどね…(笑)

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご案内

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja