2004年8月アーカイブ

日産が、2.0リッターの新型4気筒エンジン「MR20DE」と新型のエクストロニックCVTを開発したとのニュースが本日付で発表されました。
『今秋以降発売する小型乗用車より順次搭載!』ということから、おそらく「リバ後継」に搭載されるのでしょう。

私の喫煙歴は20年ほど(今は1日1箱ペース)。
煙草はやめられません…。
しかし、こと「車の中」では、ここ5年程全く吸っておりません。
自分の車だろうが、人の車だろうが、はたまたタクシーに乗ろうが、
一切吸いません。というか吸いたくないのです。
空気が循環しない狭い空間での煙って、やっぱり良くないです。

最近は、飲みに行ってもあまり吸いません(3本程度)。
とりあえず「我慢の限界かな?」って思ったら吸ってしまいますが、
大体そうなるのは「宴も酣」って状況になってからなので。
この歳になってセコくなってきたのか、煙草の煙って、
せっかくの旨い肴を台無しにしますし、酔っ払うと留まることを知らずに
バカスカ吸っちゃいますからねえ~。
昔は飲み屋1軒につき1箱吸ったりしていましたから、煙草代がバカになりません。
喫煙者にとっては「お酒のお供に煙草」ってハズせないところだと思いますが、
試しに飲んでる時に煙草を控えてみてください。次の日がちょっと違いますよ!
「2日酔い」はお酒だけでなるものかと思っておりましたが、
煙草も微妙に関係しているように思えてならない、今日この頃です。

みなさんは電車(全車両禁煙の首都圏限定)に乗ってる最中に
「煙草吸いた~い!」って思いますか?
(まあ、故障で停まっちゃったりしたらあるかな…?)
基本的に「車内は禁煙だから我慢してる!」って感覚ですかね? 
私は違うんです。電車の中って「吸えない場所」っていう
マインドコントロールが確立されているからなのか、
昔っから純粋に吸いたくなくなるのです。これホント!

こんな素晴らしい「自分の身体の神秘」(笑)に目覚めたのが5年程前。
それだったら、車も「吸いたくなくなる場所」にしちゃえ~!
折りしも、今のゴルフワゴンの納車を数日後に控えた頃に決意したことで、
正にグッドタイミング!結果はご覧の通り、見事成功し現在に至っております。

今では「閉ざされた移動物体」の中では「吸わない(というより吸いたくない)!」
っていうマインドコントロールが見事に確立されました。
もちろん長いフライトの飛行機でも平気です。
「吸っちゃいけない場所だから!」っていう自制心が働いている訳ではなく
純粋に吸いたくなくなるのです。だから8時間でも10時間でも平気です。
しかし、空港に降り立った途端、そりゃもの凄い喫煙モードに襲われます(笑) 
で、喫煙所を血眼で探して「ふ~っ」です。あ~だからやめられない…。

ちなみに、我が家は全館禁煙(4LDKごときで大げさ!)です。
基本的に外(ガレージ<屋根付き>)で吸ってます。
ん~、家も「不動産」ではなく「動産」だったら、吸いたくなくなるのかなあ?(笑)

でも、今こうやってコラムを書いているそばから、吸いたいんです(笑)
やっと書き終えそうだ!と思った瞬間に喫煙モードが襲ってきました。
それではガレージに行ってきま~す(笑)

日産は「あの人」を迎えてから激変しましたよねえ。
「あの人」とはもちろん「ゴーン氏」のこと。ゴーン氏の良し悪しには、様々なご意見があるかと思いますが、ちなみに私は「良し」です。「かなり良し」です!
最近ポチポチも無いですし…(笑)

私は18歳で免許を取得し、すぐさま手に入れた車が日産車。手に入れたといっても、親父伝手で知人の方にタダ同然で譲っていただいた「910型ブルーバード・1800ccの4MT」(グレードは「GL」…「SSS」ではありません…悲)。特に思い入れもない、移動手段&オモチャでした。

しかし、この車にはホント活躍してもらいました!
大学への通学(片道20~30km)に、ほぼ週二ペースで使っておりましたし、免許を取ったばかりでウキウキの若輩ものは、いつ何時でも車と一緒でないと気がすみません。なんせ自宅から1km弱のバイト先へさえも車で通ってましたし…(呆)

当時(80年代半ば)は今とは違って、学生の分際でも「車を持つこと」が当たり前の世の中でした(そうは言っても殆ど中古)。男の中では、今で言う「携帯電話」くらいに普及していたのではないでしょうか(ちょっと大袈裟かな?)。今思い返してみても、学校でもバイト先でも持っていない男は1割にも満たなかったんじゃないですかねえ?
その点、最近は生活文化が多様化してしまいましたからねえ~。若者さん達の多くは車に興味がないらしいです…。

ごめんなさい。日産の話に戻ります。

まだ私が免許所得前の話になりますが、80年代前半って「トヨタvs日産」っていう図式が常識でした。高校生の分際で「トヨタだ!」「いや日産だろっ!」って休み時間等に普通に言い合っちゃうくらいでしたから(笑)
最近の両社からは考えられないことですが、シェアにしてもどっこいどっこいだったんじゃないでしょうか?
さて、私はもちろん「日産」派!…ではなかったんですねえ、これが…(笑) 「西部警察」よりも「太陽にほえろ」好き(笑)だった私は、断然「トヨタ」派!なのでした。

トヨタといえば、最近では「盗用多」などと当て字で揶揄されていますが、当時はそんなに露骨なパクリなんて無かったように記憶しております。小~大までのフルラインナップという形は既に形成されておりましたが、1台1台の住み分けがきちんとなされていましたし(ただ3兄弟とかはウザかったかなあ?)、現在までの「持続的成長」へとつながる第一歩を既に踏み出していたのではないでしょうか?実際、私も2台のトヨタ車を87~90年に乗り継ぎましたから。

当時(80年代)の日産は「厳つい」とイメージがあります。良く言うと「男っぽい」。悪く言うと「野暮ったい」。当時は「カーキチ(古っ)」なんて呼ばれてた、今で言う「オタク系」の人に「日産フリーク(これも古っ)」が多かった気がします。さすが「先進技術の…」で売っていた日産ですから、「通好み」だったのでしょう。
しかし、その「先進技術」という言葉に自ら追い込まれ、
その後の崩落を迎えてしまったような気もします…。

最近の日産の「車づくり」は明らかに変わってきています。漠然とした表現になってしまいますが、何か「やさしさ」を感じるのです。ルノーの血がそうさせているのかは定かではありませんが、私が「ルノー」というメーカーに好意を持っているのは事実です。

実は私、「セニックⅡ」が本国(仏)で発表になった時、かなり食指が動きました。日本に当分入って来ないという噂を聞くと、「いっそ並行?」なんてことも考えたりしました。そして昨年の今頃「グランセニック」という3列シートが発表になりましたよね?妊娠が発覚した今年の初めには、間違いなく「グランセニック」が第一候補に挙がりました。が、その後の「神のお告げ」によりヒンジ式のドアはNGとなりお蔵入りに…。しかし、「セニック」「グランセニック」共に、未だ日本に導入されていない(っていうかされるのか?)ので、「早いうちに諦めておいて良かった」と思える今日この頃です…(笑)

「リバティ後継」は、このセニックと同じ、ルノーと日産の共同開発「Cプラットフォーム」を使用します。「ヒンジ式のドア」にNGが付いた時点で、私の中では「リバ後継」が「スライドドアのセニック」なんです。こんな深い(深いか?浅いだろ!)意味があって「リバ後継」が私の候補となっている訳でございます(笑)

まだ見ぬ「リバティ後継」はどうなるんだろう?Mazda5のエクステリアが今ひとつだった私にとっては、並々ならぬ期待を寄せてしまいます…。

パリモーターショーに出品される新型ワゴン
「Mazda5(欧州仕様)」が公開されました。

★私的評価
ん~、微妙です…。ポチポチありますし…。
プジョー307SWに見えてしまうのは私だけ…?
しかし、ほぼこの形(ルーフレールは無しかな?)で
日本でも発売されるのでしょう!

このコラムは「車ネタで!」とのことでしたが、同じ乗り物繋がりとして今回は電車を取り上げさせてください!(ってネタぎれか?強引だろ?・笑)

電車に乗っていると、よくこんな車内アナウンス聞きませんか?
『この電車、まもなく発車いたしますので、ご乗車になってお待ちください』

「まもなく」って漢字で書くと「間も無く」ですよね?
ということは「間が無い!(すぐに!)」ってことですよね?
なのに『ご乗車になってお待ちください』はないでしょ?
『しばらくすると発車いたしますので~』とか、『もうすぐ発車いたしますので~』
と言って欲しいと思うのは私だけでしょうか?

そして、いざ発車時間が来るとベルやチャイムをけたたましく鳴らしながら、
『電車、まもなく発車しま~す!駆け込み乗車はお止めくださ~い!』
てなアナウンスをホームに向けてやりますよね?結構煽り気味の感じで!
これって駆け込み乗車を増やす原因になっているように思ってしまいます…。
だって、ホームに向けての『まもなく』の時はホントに「間も無く」ドアが閉まるので(笑)

中5日もあいてしまったコラムです…。
さすがにこの時期「オリンピック」も観ちゃいますし、3日くらい書かないと「書かないこと」に慣れてしまいますね…(笑) かなり寝不足状態ですが、頑張ります。

さて、最近のマツダ好調ですよねえ~。
エクステリアデザインに至っては昔から定評がありますが、ここへ来て「欧州車ライクなつくり」が見事にハマっています。「売れるものをつくる」のではなく、「売りたいもの(つくりたいもの)をつくる」という職人気質が垣間見れますし、日本国内ではなく自動車の本場「欧州」において数々の賞を受賞している現実が、私みたいな人間には嬉しく感じてしまいます。

少々誤解されてしまいそうですが、私も闇雲に「欧州車バンザイ!」と申し上げているのではありません。古くから馬車が往来していた大陸続き欧州ならではの発展形が「馬車⇒自動車」なのだと認識しております。つまり、日本にとっての「自動車」は現在においても「欧州からの伝来品」に他ならないと思っているのです。

島国日本、古来のメジャーな乗り物といえば「籠」。
車輪なんかありません。宙に浮いちゃってますから…。
考えたら凄いことですよねえ~?もし、この「籠」を「馬車⇒自動車」のように発展させることができたのなら、それはそれは現在の日本(いや世界)の往来文化も違ったものになっていたのではないでしょうか?
かなり強引なこと(というか素人考え)だと思うのですが、道路舗装化の際に磁石を埋め込んだりして、「担ぐことの自動化」なんてできなかったのかなあ?(笑)

マツダの話に戻りましょう!

「マツダのこだわり」の中で、私が一番感服しているのはATティプトロニックの「+-方向」(上が-・下が+となっているところ)です。このような配置にしているメーカーは、ポルシェとマツダだけかと思いますが、いかがでしょう?

ティプトロニックが付いているほとんどの車が上が+・下が-となっていますよね?昔ながらのATのギア配列から育ってしまったものだと思いますが、これって、感覚的におかしくないですかねえ?さらに加速をしたい時って、押すよりやっぱり引くでしょう?仮にティプトロのレバーがとてつもなく重いものだったら上が+・下が-でいいと思います(反動で体が動くということで)。しかし、レバーはそんな重いものではありません。体と手の動きを比例させたいと思うのが私の本能なのですが…。

もちろん、フレクサのティプトロも「上が-・下が+」です。しかし、市販化の際には是非とも6ATを載せて欲しい!4速のままでは、ライバル各車からみて見劣りしてしまうのは明らかですから…。

短い夏期休暇も終わり、今日から仕事復活です…。
あー、休み中の仕事がたまっていてちょっと鬱…。
全くもって終わる気配がないので、コラムでも更新して
気分転換しますか!(笑)

くだらないこだわり②(続編)です。
今回のテーマは「給油口がボディの右側にあること!」

これも実に単純なこと。
私はセルフスタンドでガソリンを入れておりますので、右ハンドルであればスッと降りて2・3歩で給油が出来るからです!国産車はボディ左側に給油口がある車が多いので、セルフスタンドによっては混みが偏りがち。そんな時右側に給油口がある車だと案外空いてたりもするんです。

輸入車は大体がボディ右側付です(勿論ゴルフⅣも)。
が、国産は案外少ないんです…。

「家族主義車カテゴリ」で私が知る限り、
マツダ…なし
日産…エルグランド
トヨタ…なし
ホンダ…ステップワゴン(たま~に左側だったような?)
スバル…トラヴィック(まあ、これはザフィーラだから!)
三菱…なし

「家族主義車カテゴリ」以外では、
マツダ…アクセラ
日産…Z・キューブ・マーチ
トヨタ…なし
ホンダ…なし
スバル…レガシィ・インプレッサ
三菱…なし

(まあ、これらは軽自動車等抜いております。もし他にもあったらお教えください。)

国産では、海外を見据えた車種に右側給油口が多いと思われます。給油口は「運転席と逆にある」っていうのが全世界の定説なのかなあ?左ハンドルが基本の車は右側付!右ハンドルが基本の車は左側付!というように。
でも私は、運転席側にある方が冒頭で述べた理由により良いと思うのですがねえ。マフラーと給油口が逆になる!って法則は知っておりましたが、ハンドル位置と給油口の関係について、どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?

さて、この2台についてはどうでしょうか?
リバ後継については、某X誌のホワイトボディのスクープ写真を見たところ明らかに右側に確認できましたので、右側給油口は間違いないでしょう。プレ後継についても、フレクサが右側付で発表されていますし、アクセラと同様欧州を見据えている車種ということを考えると、右側給油口で間違いないと思います。

ホントくだらないことだと思われるでしょうが、私にとってはとっても気になることなんです…(笑)

ついに、中1日空いてしまったコラムです。
昨日は20時間程こどもに付き合ってクタクタ…。
しかも、高校野球にアジアカップもあったもんだから、
それはそれは濃すぎる1日でした…(疲)

これってホント「くだらないこと」だと思ってはいるのですが、ボンネット上にウインドウォッシャーの噴出口(以下ポチポチ・笑)が有る車。私、あれがダメなんです…。

ものすごく単純明快なことなのですが、洗車&WAX掛けがほぼ週一ペースの私(典型的な日本人だわ…)にとって、ボンネット上のポチポチはとっても邪魔なんです…。直線にふきあげられないから、ポチポチの周りには妙な洗車キズができてしまうし、噴出口がWAXで目詰まりしたりと、良いことなしだと思いませんか?見た目も、私にはどうも美しいとは思えませんので…。

現在所有のゴルフⅣはポチポチ無しです! ここ3・4年の輸入車は結構ポチポチ無し車が多いですね。しかし、PSAグループ・BMW・メルセデス辺りは有りです。国産の場合、現行車(新型車)ではポチポチ無し車がだいぶ増えてきました。最近の日産・ホンダは無しがほとんどです(しかしエディックスは有りましたけど…)。トヨタのポチポチ無し車は唯一エスティマだけでしたが、NEWクラウンは無くなりましたねえ(これには正直ビックリ!なんたってトヨタにはポチポチ無し車が皆無でしたから…)。 しかも「ガイア後継」の流出画像を見る限り、ポチポチが見当たりません。トヨタも遂にハズシはじめたか?(ってそんなトコしか見てないのか?・笑) 他の無し車は、マツダはRX-8のみ…。スバルはレガシィのみ…。三菱は皆無…。
(但し、これらは私の認識であり、きちんと調査した訳ではございませんので、もし間違いを発見された方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご報告いただけますか?)

最近の日産の傾向からすると、リバ後継はおそらくポチポチ無しで出てくることでしょう! 問題はプレ後継ですね。 アクセラもコンセプトモデルの時には無かったポチポチが、市販車では見事に付いていましたからねえ~。こればっかりは出てみないとわからないかなあ? まあ、フレクサのボンネット&Aピラーの角度からすると、ポチポチ無しで出てくるだろうと期待しているのですが…。

本日深夜より、3家族のパパ&こども(ママなし)で海水浴(九十九里日帰り)へ行ってきます。その後は、うちのママを除いた2人のママが合流して江戸川花火観賞です。うちのママは来月出産なので家で留守番…。

そう、BBSでの「たろちんさん」のレスで申し上げました通り、うちは来月(9月)二人目が産まれる予定なのです。妊娠が発覚した今年初頭から、漠然とながらも車の買い替えを検討しはじめて、当初は「ミニバンカテゴリ」をことごとく疎外し、「SUVカテゴリ」なんか欲しがっちゃってました…。今思うと浅はかですねえ…(恥) ガラじゃないっつうの(笑) そして「家族主義車カテゴリ」にグッと加速させたのが「娘の(神の)お告げ」な訳です…。

妻のお腹も見事にパンパンになってきました。9月は仕事も激務な上に出産もありと、このサイトの管理がきちんとできるのでしょうか…?

では、あと10時間後には出掛けますので、娘とともに夕飯食ってサッサと寝ま~す。

この2台の最大のライバルは、やはり天下のトヨタ車「ガイア後継」になるんでしょうねえ~。それはそれは売れることでしょう!なんたって、あれだけ売れているウィッシュにスライドドアが付いちゃったような車なのですから…。「ウィッシュの後ドアがヒンジ式だから…」と躊躇していた方には念願の1台でしょう!

さて本題です。
なぜ「ガイア後継」が私の候補に入らないのか?

私はゴルフワゴンの前にも2台の独車に乗っておりました。輸入車を3台・計12年間乗り継いできているのは、独車の誇る高速巡航時に感じられるスタビリティの高さ、シートの素晴らしさ、いい意味でのエンジンのうるささだったりと、身体で感じられる部分に惚れたのが第一の理由です。しかし正直、「人とは違うものを持ちたい!」っていう、輸入車ユーザーにありがちな理由も勿論あってのことです。簡単に言ってしまうと、軽く「あまのじゃく」入っています。軽くというのは、なんやかんや言っても日本では一番売れているVW車ですから(笑)

そんな、たかがVW乗りの私が言うのもおこがましいのですが、トヨタ車を購入する方って「車を買う!」というよりも「トヨタ車を買う!」ってことが先走り過ぎている感がありませんかねえ?トヨタ車以外の選択を端っから考えていない方があまりにも多い…。実際私の周りにも存在しますし、ネット上で目にする発言をみても、他メーカー乗りの方よりこの傾向が圧倒的に強いと感じられます。

今や、国内シェア46%。このような傾向の人々をつくり上げたのもフルラインナップメーカートヨタの戦略かもしれませんし、企業たるもの「売れてナンボ!」という気持ちもよ~くわかります。わかっているだけに、それなら逆に「トヨタを八ズしても…」という気持ちが、私みたいな人間には自然に沸いてきてしまうんですよねえ~。お断りしておきますが、アンチ的とか不買活動的なんて気は毛頭ありません。ただの「あまのじゃく心」や「判官贔屓心」がそうさせているだけなんだと思います(笑)

そうは言っても、神戸の二児パパさんのように「キャプテンシートの設定がないから!」という確固たる理由があってのハズしと違って、私の場合はかなり説得力に欠けますよねえ~。なんと言ったら良いのか…?ん~これも感覚なんです…。まあ、こんなヤツもいるんだなあ?くらいに思っていただくしかないかも…(笑)

しかし「ガイア後継」は、この2台よりも先に発売されるようですから、比較対照車としてじっくりと見ていくつもりではおりますので…。

思い込みっていうか口に出したところでは、さほどバレやしない「浅はかな間違い」を、活字にすると見事に露呈してしまう人っていますよね?これだけPCが普及して、キーボード叩いて変換キーを押せば書けない・知らない漢字だっておちゃのこさいさ~い!って調子に乗りすぎじゃない?

ここ最近の私、買い替えモード突入状態で車系サイトを結構徘徊していますから、BBS系なんかで様々な「?」の書き込みに出遭います。

まずは、『ハリアーでハイブリット出るんですか?』っていう書き込み。似たようなもので『僕の場合雪山行く時はスタットレスオンリーです!』とか。ホントに平気で書き込んでる訳ですよ。『うちのベットは柔らかすぎて疲れちゃう!』と一緒の間違いですが、さすがに『ベット』と書いちゃう人はいないか…。逆に『それならビッグカメラで安く売ってますよ!』なんてヤツはいたっけ!(笑)

まあ、このような濁点の間違いなんて、昔よくいた『男ならミッション乗んないと!』てなこと言っちゃう困ったちゃんよりは可愛いモンですが…。では、18年前程に実際にあった、困ったちゃんと私の会話↓をどうぞ!

困:『車欲しいなあ~』
私:『なにが欲しいの?』
困:『なにっていうのはまだ決めてないけど、男なら
  やっぱりミッションでしょ!』
私:『ミッションってどっちのミッション?』
  (MTなのかATなのかというたっぷりの皮肉を込めて)
困:『え…?どっちって…、そりゃ5速だろ!』
  (どっちというのをおそらく5速と4速と解釈したか?)
私:『……呆(内心大爆笑)』

あと、最近とてつもなく見かける大間違いが『そのとうりです!』 ってヤツ…。信じられないことですが、かなり多いです。試しに私のPCで「とうり」と打つと、「党利」「東リ」「とうり」「トウリ」と出ます。ここで気づけよ!って感じですけどねえ~。この間違いを犯してしまう人って「通り」って漢字をも認識してないってことでしょうか?

最後に『日産リバティー』。
残念なことに、このサイトの「リバ後継リンク」内の掲示板スレタイトルには「日産リバティー」が目立ちます…(困) このサイトのリンク紹介では、私の独断で「最後の音引き」を取ってしまいましたので(笑)

「リバティー」という言い回しは明らかな間違いですが、活字において最後に「音引き」を付けることって、間違いではなくとも私個人的には好みません。
たとえば、「カテゴリー」「メーター」「コンピューター」「データー」「ソファー」など。
なんか感覚なんですよねえ~。活字の最後には音引きがない方がスマートだと私は感じるんです。

しかし、こんな突っ込みをしておきながら、元々文才のない私です。漢字にもあまり自信がありません…。このコラム上で「浅はかな間違い」を発見された方がいらっしゃいましたら、BBSまたはメールで、ご遠慮なく突っ込んでください(笑)

買い替えモードに突入してしまっているもう1つの原因が、現在所有のゴルフワゴンの不具合なんです。

購入1年位経ったある日、かなり恐ろしい体験をしました。片側一車線の道路を右折しようと右めに寄って対向の直進車が切れるのを待ち、一瞬切れたところを狙って、さ~て曲がろうとアクセルを踏んだところ、プスーッ。
はぁ?エンスト?おいおい!前からというか左前方からはけたたましくクラクションを鳴らしながら車(対向車線の直進車)が近づいてくるではありませんかっ!クラクションの嵐を浴びながらも、重くなったステアリングを強引にキリつつ、何とか惰性で曲がりきれたので事なきを得ましたが、一歩間違えれば…。

エンジンはすぐ始動したので、その足で即ディーラーに持ち込みです。1週間ほどで車は戻ってきました。エアフロメータとインジェクションコード等、電気系統で取り替えられる部品は全て変更したようですが直接の原因はわからず終い…。その後も3年に渡り数回のエンストを体験。ディーラーに入院すとこと8回…。その間の対処方法は、決まって「燃料添加剤」を注入しての高回転回しやアクセルワーク学習機能のリセットでした。毎回退院直後って結構調子が良いのですが、しばらくすると発進時にモタツキが出てアクセルレスポンスが悪くなり、あげくにエンスト…。この繰り返し。しかし毎日調子悪いわけではないんです。すこぶる機嫌が良い時もあるんです(笑) 
最近はできる限りアクセルを踏み込んでいるからかエンストはあまり体験しなくなりましたが、モタツキ感は相変らず感じる時があります。

私は典型的なサタデー・サンデードライバー。スーパーへの買い物等、圧倒的に「チョイ乗り」が多いんですよねえ~。エアフロメータの不具合ってチョイ乗りやアクセルを踏まない人に出やすいという説があるようで、ここまで来ると自分の乗り方に問題あり?って思ってしまいます…。
ひとりモンの時と違って、街中でのストップ&ゴーが断然多くなった私にとって、元々高速巡航が自慢の独車はお別れ時なんだろうか?なんて自問自答したりして、買い替えモードに突入いたしました。

そして7/22、VWの不具合届出遅延報道!リコール隠しとまではいきませんがそれに似た状態の大々的なリコール!勿論ゴルフワゴンも対象車で、しかも「エンジンのセンサー部品に欠陥があった」との報告!『ほ~ら来たよ!やっぱりあの不具合はリコールだったんじゃん!』なんて思ったのも束の間、GLiが対象で、私の所有しているEは対象外なのでした…(悲)

「神のお告げ(笑)」について、もうちょっと詳しく。

やはり娘の幼稚園のお友達んちは、家族主義車が多いらしく(あたりまえか…)、私の知らないところ(ママ&こどもの集まりかなんか)で、しばしば電動スライドドア体験をしてるようです。

ヒンジ式のドアって結構重くて(特にゴルフは重い)、開けた反動で転んだりしてしまったり、顔をドアにぶつけたり等、非常につまらない怪我をしてしまうこともあるので、過保護とは思いつつもドアの開け閉めだけは私がやってしまっているのが現状なんです(でも乗車・降車はこども自身にやらせております)。

さて、電動ドアなんかじゃもっと過保護ではないか?と突っ込まれそうなところですが、いやいやそうでもないと私は思っています。電動ドアはこどもの自立につながるツールだと!(但し、あまり大きなこどもじゃ無理かも…)

今のままでは「私がドアを開ける=親に助けてもらってる」という感覚だと思うのですが、「車のドアが自動で開く=別に普通のこと」と思わせることができれば、他のいろんな苦難に出遭った時(ちょっと大袈裟?)でも、何もかもを親に頼ってしまうということがなくなってくるのではないかと考えています。

まあ、これも幼稚園児までが限界とは思いますが…。なのでなるべく早く買い替えたいと思っているのです。おとなのように「自動でドアが開くこと=非常に便利なこと」と認識してしまう前に(笑)

どうしてこの国では「多人数乗車可能車全て」を「ミニバン」というカテゴリでひと括りにしてしまうのでしょうか?エディックスまでミニバンカテゴリとは、いやはやもう言葉を失います…。欧州のように「MPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)」というのが最も正しい括り方だと思うのですが、いかんせんこの国には「MAZDA MPV」という車があり、自動車のカテゴリというよりも車名としての認知度の方がはるかに高いと思うので、今さら「MPVで括ろうよ!」と言ったところで無理な話か…。

そんな「ミニバン」っていう活字にも響きにも違和感を持っている(でもそのカテゴリ自体は認めています)私がなぜこのカテゴリ車を欲しているのかというと、実はとても簡単なこと。それは…、愛娘からのリクエストだから(爆) 
スライドドア(できれば電動)が必須なんです…。

ということで、このサイトでは「ミニバン」という活字は極力使いません。といったところで「家族主義車」では、少々お堅いイメージを醸し出しちゃってるかなあ?(笑) 
でも、「家族主義車」と命名したのは皮肉ってる訳でも冗談でもなくて(ってちょっとは冗談です)、私にとってはホントに素直な気持ちなんです。娘からのリクエストがなければ買おうとは思わないでしょうから…。そう考えると、こどもの言動ってある意味「神のお告げ」に近いかも(笑)

About

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在の私の所有車はゴルフⅣワゴンE(2000年9月購入)。
昨年1回目の車検は通したのですが、この度いろいろな諸事情
(詳細は後々書きます…)が重なり、来年初頭までには買い替え
ようと目論んでおります。次車はついに家族主義車(ミニバンとは
あえて言わず!)にするということは決定しておりますが、残念
ながら現在のこのカテゴリの中には私が欲する車が存在しません…。

実はこの1年程の間、数々のスクープ記事に目を通し、
12月に発売予定の「リバティ後継」もしくは、来年初旬発売予定の
「プレマシー後継(MX-Flexa)」に照準を絞り始めました。
このReleaseを控えた2台を天秤に架け情報を追いかけてる方って、
私以外にもいらっしゃるのではないでしょうか?

このblogは、そんな方々との情報交換&共有の場になれば良いな
と思い、OPENさせていただきました。
とは言っても、私自身「車業界」とは全く無縁な環境に身を置き、
コネのひとつも持たないズブな素人…。
みなさまの情報提供を期待しているのは言うまでもありません(笑)

[外寸(長・幅・高)] 4470mm・1745mm・1650mm

[搭載エンジン排気量] 2300cc・2000cc

[搭載トランスミッション]4AT

[乗車定員] 6名

[予想発表時期]2005/初頭

[エクステリアについて]
アクセラと同プラットフォームを用いた3ナンバーサイズ。
2004年9月のパリサロンで発表される「市販モデル」
では、以下2点の変更点がある模様。
①リアコンビランプはシリンダタイプに
②リアナンバープレートはハッチゲートに移動
また現在、スライドドアとリアハッチゲートが干渉して
しまうという思わぬ難問に突きあったっているらしく、
もしかして、かなりの設計変更がなされるかもしれない。

[インテリアについて]
2座×3列の6名定員。
さて市販モデルではどうなることか?
(ライバル車を見据えて7人定員にしてくるのか?)
インパネはコンセプトモデルらしくクールな印象。

★私的評価
かなり好みのエクステリアデザイン。インテリアもいい!
特にインパネのイルミネーションは好み。ただフレクサは
あくまでもコンセプトモデルなので、もう少し現実的な
イルミネーションになってしまうのかな?(ベリーサ然り)
ヨーロッパ市場も意識しているようで、欧州デビューの際
には、MPVカテゴリのセニック・トゥーラン・ザフィーラを
かなり脅かす存在になることだろう。
しかしスライドドアとリアハッチゲート干渉問題の解決に
手間取ったりして、発表時期が延び延びになったりすると
この私の気持ちも一気に冷めてしまう可能性あり。
また、4ATでは他車に比べかなり見劣りしてしまう。
追加モデルとして6ATを投入するとの情報もあるが、
デビューモデルからの搭載を切に願いたい。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご案内

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja